« 伊丹出発 | トップページ

2014年7月31日 (木)

研修を終えて

盛りだくさんの研修を無事終えることができました。

今回は例年以上に多くの研究者のお話を聞くことができました。

どの研究者の方も、研究の専門的なお話を高校生にもわかりやすくしてくださった後に、研究者を目指す上で大切なことを重点的に話してくださいました。科学者や研究者を目指すにはその分野の知識を深めようとばかりしがちですが、研究を続けるには人を説得させる文章を書くことが大切、そのために理系といえども国語力を磨くことは大切なようです。日本人は勤勉で実験は上手らしいですが、論文作成能力やプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力が低いということです。そういった力を伸ばすことが、研究者として成功する鍵になるのでしょう。また、どんな仕事も人間相手の場合、自分の人間力を高めることが大事ということでした。国語力、表現力、人間力などはすぐに身につくものではありません。まさに高校生のうちから意識して向上させることで、立派な研究者や社会人になることができると言えます。また、理系分野に関して、物理や化学は高校で科目としてわかれているだけで、実際に研究をする上ではボーダーがなく関連しあっているとのこと。後々から面白みを発見するかもしれないので毛嫌いせず勉強しておくほうがいいとのことでした。貴重なお話を聞くばかりでなく、多くの生徒が積極的に質問をしたり意見を述べたりすることもできました。良い経験になったと思います。 

6日間、アメリカ在住の方からもうらやましがられるような充実したプログラムを通して、生徒は大きな刺激を受けたと思います。あとは、学んだことをしっかりと振り返り、着実に自分の財産してくれることを期待します。

 

最後に、生徒がこの研修を通じて直接触れ合いお世話になった方々はありがたいことに50人ほどにのぼります。

準備からずっと長期にわたってお世話になった添乗員の藤原さんとコンダクターの相原さん、各地でお世話になったガイドの皆様、各研究機関で講義をしてくださったり、研究室を案内してくださった研究者の先生方、ディスカッションや懇親会でお世話になった研究員や現地の大学生、高校生の皆様、本当にありがとうございました。

また、読んでくださった皆様、ありがとうございました。

« 伊丹出発 | トップページ

無料ブログはココログ